福島のお菓子|福の菓子

福島県内にあるお店のお菓子を紹介しています。和菓子、洋菓子、スイーツ、など。福島のお土産の参考にもなると良いです。

長岡屋(会津坂下町)の小石饅頭。半分にしてビックリ!私だけかも知れませんが。笑

今回ご紹介するのは会津坂下町にある長岡家の小石饅頭です。お店でお聞きして伝統ある名菓がこの小石饅頭とお聞きしまして購入しました。

 

f:id:saishin:20180112161226j:plain

ボールペンの大きさと比較すると分かると思いますが、小さすぎず、大きすぎず、私には丁度良いサイズという感じです。

 

さて、袋から形が崩れないようにゆっくりと出します。

f:id:saishin:20180112161256j:plain

 

そして半分にする儀。したらビックリ!

f:id:saishin:20180112161334j:plain

 

白餡でした!

ご存知の方、予想できた方、にとってはビックリではないと思いますが、私はビックリしました。饅頭で伝統ある名菓、というところからの先入観と言いますか、私の食べ歩きの経験不足と言いますか、半分にして「お!」と思ったわけです。笑

 

大きさは半分にして、丁度一口サイズ。白餡の甘さと柔らかい食感の甘い皮がピッタリ、上品な味でした。

 

長岡屋さんは浪江町にあったお店です。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後発生後に会津坂下町に避難、会津坂下町でお店を再開されました。

f:id:saishin:20180111155215j:plain

 

再開されて3年くらいになるとのことです。

そして、今年で創業90年。ご丁寧に創業90年ということをお話してくださいました。

「残す」という想いを商品、お店、お話から感じました。小石饅頭の他にもいくつか買いましたので、引き続き、また書きます。

 

<訪問日:平成30年1月11日(木)>

 

【アクセス】

河沼郡会津坂下町字逆水23-2