福島のお菓子|福の菓子

福島県内にあるお店のお菓子を紹介しています。和菓子、洋菓子、スイーツ、など。福島のお土産の参考にもなると良いです。

ことり菓子店(いわき市)の「ショートブレッド」

先日に引き続き、いわき市湯本の湯本駅前にある「ことり菓子店」のお菓子を紹介します。 www.fukunokashi.com 今回ご紹介するのは「ショートブレッド」です。 ことり菓子店さんのホームページによると、スコットランドの伝統的なバタークッキーで、ショート…

ことり菓子店(いわき市)の「塩屋崎の塩のバニラバターケーキ」

いわき市湯本の湯本駅近くにある「ことり菓子店」。こちらはいわきの塩を使ったバニラバターケーキです。 2011年の東日本大震災以降は、いわき市沖の海水を使った塩は作られなくなったため、震災前の塩を使っています。 ふわふわの生地に、甘さの中に塩…

増田屋(二本松市)の「生どらミルク」

二本松市にある老舗和菓子店・増田屋さん。創業は明治時代です。旧奥州街道沿いにあります。「生どらミルク」をご紹介します。 白あん、で生クリームがやわらく、甘さひかえめ、皮が大きくもちもちしています。 tabelog.com

お菓子のさかい「幸福の黄色いブッセ はちみつチーズブッセ」

福島県石川町のお菓子店「お菓子のさかい」の新商品「幸福の黄色いブッセ はちみつチーズブッセ」をご紹介します。

増田屋(二本松市)の「生どら」

二本松市にある老舗和菓子店・増田屋さん。創業は明治時代です。旧奥州街道沿いにあります。「生どら」をご紹介します。 生クリームどら焼きです。生クリームとあんこと皮の層がハッキリと分かって見た目も楽しめます。 冷凍保存で解凍してから食します。生…

大野屋(桑折町)の「ハートなどら焼」

桑折町の旧伊達郡役所近くにある和洋菓子店「大野屋」さんの「ハートなどら焼」です。 桑折町で「ハート」と言えば半田沼です。ハートレイクとも呼ばれています。 www.tif.ne.jp こちらのどら焼きもハート型になっています。 よーく見ると、「半田山」の山の…

長門屋(会津若松市)の 金ごまゆべし月舟

会津若松市にある老舗和菓子店・長門屋さんの「金ごまゆべし月舟」をご紹介します。

長門屋(会津若松市)の くるみゆべし花雪

会津若松市にある老舗和菓子店・長門屋さんの「くるみゆべし花雪」をご紹介します。

さくま製菓(国見町)の「くるみがんづき」

福島県国見町にある和菓子店・さくま製菓の「くるみがんづき」を紹介します。がんづきが岩手県、宮城県の郷土菓子と聞くと、奥州との繋がりを感じます。

さくま製菓(国見町)の「きんつば」

福島県国見町にある和菓子店さくま製菓の「きんつば」を紹介します。昔からの人気商品。皮と小豆の食感を楽しめます。上品な味です。

さくま製菓(国見町)の「酒粕大福」

福島県国見町の「さくま製菓」の「酒粕大福」。国見町の日本酒「あつかしさん極」の酒粕が使用されている大福です。

須田屋(伊達市保原町)の「どら焼」

伊達市保原町にある老舗和菓子店の須田屋さん。今日は「どら焼」を紹介します。 以前に紹介した「名物ワッフル」と「保原の夕焼け」の隣にあり、どら焼き好きとしては素通りできない気になるパッケージ。もちろん買いました。笑 生地がモチモチしていて、あ…

須田屋(伊達市保原町)の「保原の夕焼け」

伊達市保原町にある老舗和菓子店の須田屋さん。今回は「保原の夕焼け」をご紹介します。 店内のお菓子が並んでいるところを見ていて、パッと目に入ったお菓子です。夕焼けの色と散歩している親子と犬(かな?)。かわいらしいパッケージについ見入ってしまい…

一味庵(福島市飯坂町)の「うぐいす餅」

福島市飯坂町にある和菓子店「一味庵」。 こちらは「うぐいす餅」。 やわらかい皮にこしあんがたっぷり入っています。甘さひかえめになっています。 www.iizaka-ichimian.com

昭栄堂(梁川町)の「もも大福」。桜の聖母短大生とのコラボ商品。

伊達市梁川町の昭栄堂さん。梁川町五十沢にあるお店。梁川町から隣の宮城県丸森町に向かう国道349号線沿いにあります。 この「もも大福」は、桜の聖母短大生とのコラボ商品。 特産の桃を使った「和 - スイーツ」。やわらかい生地とアンの中に桃の果肉の食…

須田屋(伊達市保原町)の名物ワッフル。

伊達市保原町の老舗和菓子屋の須田屋さん。保原高校の向かい側にお店があります。 須田屋さんといえばワッフル。という感じで名物ワッフルになっています。 冷蔵保存で、中のクリームが冷たく、甘さ控えめになっています。 皮はふわふわです。 www.sudaya.co…

昭栄堂(梁川町)のももどら。生クリームと桃の果肉の食感が楽しい。

昭栄堂(伊達市梁川町)の「ももどら」を紹介します。生クリームと桃の果肉の食感が楽しいです。

須田屋(伊達市保原町)の新発売商品「伊達なあんぱん饅頭」。

伊達市保原町の老舗和菓子屋・須田屋さん。保原高校の向かい側にお店があります。 今日紹介するのは、お店に入って新発売と知りました「伊達なあんぱん饅頭」。昨年2017年の夏に発売されました。 生地がもちもちしているのが特徴で、上の写真を見ると分…

一味庵(福島市飯坂町)の「黒糖わらびもち」。

福島市の飯坂温泉にある老舗和菓子店・一味庵の「黒糖わらびもち」をご紹介します。

一味庵(福島市飯坂町)の新発売「りんごのえくぼ」。飯坂町の安斎果樹園のリンゴとのコラボした饅頭。

一味庵(福島市飯坂町)の和菓子店が新商品「りんごのえくぼ」を発売開始しました。早速、お店に伺ってお話を聞いてきました。

若宮ばくさく(会津坂下町)の蕎麦せんべい。自社生産の蕎麦を使用しています。

会津坂下町で米、蕎麦、アスパラガスなど生産されている若宮ばくさくさんの蕎麦せんべい。 「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」の農産物マーケットで購入することができます。今回購入したのは、しお味。 1つ1つ、大きくて、歯ごたえがあって、蕎麦の香りのす…

長岡家(会津坂下町)の「どら焼」、ふっくらもちもち。

引き続き会津坂下町の長岡屋さんのお菓子をご紹介。今日は「どら焼」です。どら焼が小さな頃から好きな私としては特にワクワクです。 まず袋がメッシュ的なデザインでオシャレ。大きさはこんな感じ。 そのオシャレな袋から出します。袋に入っているときには…

長岡屋(会津坂下町)の茶まんじゅう。まずシールの可愛さに惹かれる。

先日の「小石饅頭」に引き続き、長岡屋(会津坂下町)の商品をご紹介。今回は「茶まんじゅう」です。 大きさはこのくらい。 袋から出すのに、くるっと逆にすると、お店の名前が書かれているシール。可愛いと思いました。シールの色と字体が素敵。 さて、袋か…

「第1回 にほんまつ菓子博」が二本松市で平成30年1月21日(日)に開催。

二本松市の二本松市市民交流センターで、平成30年1月21日(日)に「第1回 にほんまつ菓子博」が開催されます。二本松市内のお菓子店が集まって各店自慢のお菓子を楽しむことができるイベントとのことです。 ※二本松商工会議所サイトより <開催日時> …

長岡屋(会津坂下町)の小石饅頭。半分にしてビックリ!私だけかも知れませんが。笑

今回ご紹介するのは会津坂下町にある長岡家の小石饅頭です。お店でお聞きして伝統ある名菓がこの小石饅頭とお聞きしまして購入しました。 ボールペンの大きさと比較すると分かると思いますが、小さすぎず、大きすぎず、私には丁度良いサイズという感じです。…

お菓子のさかい(石川町)の期間限定「幸福の黄色いブッセ キャラメル パンプキン」。

購入した場所はS-PAL福島の1階、お土産売場でお店のたくさんある場所です。福島駅東口改札を出て、S-PALに入ってすぐ目の前にあるお店が「お菓子のさかい」です。私が「お菓子のさかい」を知ったのは、ここS-PALに入っていたからです。 今回は期間限定の「…

一味庵(福島市飯坂町)の冬季限定「くろどら しょこら」。パリっとしたビターチョコの食感が楽しい。

福島市飯坂町の一味庵にお伺いしました。創業は大正12年。歴史あるお店です。 まず初めにご紹介するのは、冬季限定「くろどら しょこら」です。季節限定に弱い私です。笑 ショーケースに掲載されている内容は、 カカオと小豆のコラボレーション ブラックコ…

大野屋(桑折町)のホワイトチョコあんぱん。桑折町の名菓あんぱんの期間限定商品。

桑折町の大野屋さんで販売されている桑折町の名菓「あんぱん」。一口サイズの饅頭です。久しぶりに訪れてショーケース内を見たら「期間限定」と書かれている「ホワイトチョコあんぱん」を発見。買いました。 裏には桑折町の国指定文化財「旧伊達郡役所」のイ…

大野屋(桑折町)で桑折町の「至福の桃グミ」を購入。桑折町産の桃「あかつき」の果汁を使っています。

11月6日から発売されました、桑折町の「至福の桃グミ」。このグミを求めて大野屋さんを訪れたのは2回目。前回は発売開始されてすぐだったので、売り切れになっていました。 今回訪れたのは12月上旬。購入することができました。良かった。 お店の方に…

福のれん(梁川町)の「くるみまんじゅう」、パッケージにほんわかしました。

店内で商品を見ていたら気になったパッケージ。それが「くるみまんじゅう」でした。上でひらがなでかわいい字体で書かれているのが分かると思います。この場合、サイズが分かるボールペンが少し雰囲気を壊している?笑 袋から出すとこんな感じ。くるみが上に…